アマゾン輸出を始めて月収8万円を稼ぐようになって私の生活がどのように変化したのか

こんにちは
アマカツ!マリンです(#^.^#)

今日は、
アマゾン輸出を始めてから
私の生活がどのように変化したのかについてお話しますね(*^^*)

1. 精神的なゆとりができた
2. 金銭的な余裕ができた
3. ネット社会のすごさを肌で感じられるようになった

まずは、「精神的ゆとり」についてですが、
これは一言で言い換えるなら、「自信」でしょうか。
小さなことであっても、自分自身で何かをしている。
仕事と呼べるほど大げさではなくても
内職として、自分の時間や家族との時間を確保しながら
お小遣い稼ぎができるようになった。

自分のライフワークに出会うことができた「喜び」も感じています。

次に「金銭的余裕」についてです。
初めは何か近くで、パートで働いたりできないかと探したりしました。
簡単な事務作業を中心に探しましたが、
時間的に難しいものばかりで、
子どもの夏休みや、急な休みなども考えると
かなりしんどいだろうな~と思い、断念しました。

現在は、年間平均で月収8万円は稼げるようになりましたので、

例えば、
時給1,000円のパートで働くとします。
9時から15時の間、お昼休憩を除いて、1日に5時間働くと、
1日に5,000円。

週に4日、働いて20,000円。
それを1ヶ月行くと、80,000円の収入となります。

その中には、通勤にかかる時間や、人間関係や、労働からくるストレスなど
面倒くさいことがたくさんあるだろうなーと感じてしまいます。

もちろん、実際の社会に出て働くことは、プラスの面もたくさんあります。
私も上の子を出産するまでは、一社会人として
企業内で働いていましたので、実社会の中で働くことの
大変さや、素晴らしさも経験してきました。

ただ、結婚して主婦になり、子育てをしながら働くというのは
想像以上にハードルが高いのだな、と実感しました。

なので今は、アマゾン輸出があるので金銭的に余裕もあり
且つ、自由な時間も充分確保できているので、とっても幸せです(*^-^*)

最後は「ネット社会のすごさ」についてです。
一介の主婦である私でも、こんなに簡単にお小遣い稼ぎができています。
10年前なら絶対なかった稼ぎ方ですよね。
パソコンの知識も乏しくて、
使える資格を持っている訳でもない。
そんな私でもネット社会の恩恵を受けることができています。

インターネットで財を成した人はたくさんいます。
ビルゲイツ(マイクロソフトの創業者)やマークザッカーバーグ(Facebookの創設者)、
前澤友作(ZOZOTOWN社長)
ヒカキン(ユーチューバー)やピコ太郎も(^^♪

一般の方もSNSを使って、簡単にどんどん情報発信していけます。
使い方次第で、いかようにもできるのが今の時代です。

アマゾン輸出をして、稼げるようになって
ネット社会の素晴らしさや可能性を肌で感じています。

今日は、アマゾンで販売する商品が段ボール箱3個分届きました~。
時間の空いた時に、出荷作業をしていきます。
どれくらいの時間がかかるか
実際の経過をまたお伝えしていきますね(*^_^*)

ではまた~♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする